HISTRY

見処・歴史

新折尾駅連続立体化完成間近!!

鹿児島本線と福北ゆたか線の連続立体化事業は間もなく完成予定

 折尾駅の1日の乗降客が約3万2千人は博多、小倉などについで六番目に多く、開業は明治24年2月18日と古い。同折尾駅連続立体化事業の高架化の進捗により、令和3年1月2日に新折尾駅舎として供用を開始しました。過ってはJR鹿児島本線と福北ゆたか線が立体交差していた。このような例は全国でも東京秋葉原駅とここだけの2ヶ所でした。

解体された鹿児島本線と福北ゆたか線の立体交差と旧駅舎

旧折尾駅立体交差

(令和元年3月解体された立体交差)

折尾駅

(平成24年10月に解体された旧駅舎)

マップ